UXの観察

本記事は番外編であり、筆者の趣味的な記事となる。日常には、多くの製品やサービスで溢れ、昨今ではこうした製品には顧客の体験を考慮するUX(User Experience)が加味されて、提供されることが多い。日常生活において見過ごしがちな、こうしたUXを観察した記録が本記事となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る