[特集] UI Designの過去と未来

昨今、多くの人がネットワークに触れない日常はないほど、UI デザインは身近なものとなっている。

UIデザインはアプリケーションのみならず、多くのデバイスやコンテンツにおいて、ユーザーとの接点となるインターフェースをデザインすることである。

過去、デザインが時代の要求から変化を繰り返したように、概念として誕生してから日は浅いが、こうしたUIデザインにおいても時代やユーザーの要求を捉え、常に変化を続けている。

次の記事では、まず、グラフィックデザインに着目し、その変遷を追いながら、UIデザインの変遷と比較を行う。そして比較からみえる共通点などを考察していく。

また、今後UIデザインはどのように変化していくか。

AIをはじめとした技術による影響でUI は多くの変化をまた生むこととなるはずだ。そうした変化に対する個人的な予測を含めた考えを次の記事にて掲載した。こちらは未来志向の記事である。(しかし技術としては十分現在でも実現可能である)

上記はあくまで文献をまとめたもの、一つの個人としての考えをまとめたものである。しかし、テクノロジーが進展していく中でUI デザインの変化も当然のことであり、過去を学び、未来を想像しながら、デザインを行っていくことは重要である。現在のトレンドを追うだけのデザインは意味がない。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る